歯周病(歯槽膿漏)について

「これ以上悪くしないための治療」を行うことが歯周病の治療です。
このためには医師が行う治療だけではなく、本人の歯みがきの努力も必要となります。

治療前

治療前

治療後

治療後


歯周病の特徴

下記のような症状がある場合には、早目の受診をおすすめいたします。

■自覚症状

  • 歯が浮くような感じがする。
  • 歯がグラグラ動く。
  • 歯ぐきが腫れていて、触るとブヨブヨしている。
  • 歯ぐきから血が出ている。
  • あちこちからウミが出ている。
  • 口の中が「常に」ネバネバしている。

 

■他覚症状

  • 口臭が臭い。
    便のような悪臭を放つほどに進行している場合でも本人は気付かない場合があり、 周りは気をつかって指摘してくれないため、症状が進行していることに気付かないことがある。

歯周病治療のための抜歯について

歯周病の治療では抜歯が必要な場合があります。
抜歯する歯は内部が侵されている歯ですが、外見は「何でもない健康な歯」に見える場合があります。
この場合、患者さんにとっては「健康な歯を抜かれてしまった」と思われるかもしれませんが、歯周病に影響のある歯を抜かずに残しておくことは、確実に歯周病の進行を助長することになります。
抜歯が必要な場合には患者さんの意思を一番に尊重いたしますが、このような理由があることもお知りおきください。

歯周病検査

予防歯科とは、虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、悪くなる前から予防することです。歯周病検査を受け、今のお口の状態をチェックしませんか!

 

歯周病検査予約受付しています。(保険外)